俺得修学旅行

【本編・無料立ち読み タップしてね】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

どうして私を抱くの…お姉ちゃんと結婚するくせにのネタバレ

どうして私を抱くの…お姉ちゃんと結婚するくせに・第1話のネタバレ

先ずは、とても仲の良かった兄と妹の懐かしい思い出となる体験話を紹介しよう。

妹には優しい彼との事情を忘れることができなかったのだった。

そして大好きだった幼馴染のお兄ちゃん。

別れる前に想いは伝えたものの・・・、彼からの答えは得られなかったのだ。

下の画像をタップすると・・・

↓↓↓↓↓↓


そのようなことから9年という年月が経過していって、久々の再開を果たすことになった。

当時はまだ小学校5年生だった少女の結咲(ゆい)は、隣に住んでいた蓮見隆斗(はすみゆうと)に淡い恋心を抱いていたのだった。

彼は三つ年上の兄のような存在であって、幼いころからいつもいっしょに過ごしていたのだ。

しかし、その彼は遠いところへ引越してしまうことになっていたのだった。



≪無料立ち読みはこちら!≫


とくに今回はその回想シーンについて述べることにする。

隆斗は「それじゃあ・・・俺がいなくなっても元気でな、結咲(ゆい)」と言いながら結咲の頭を優しく手で撫でていった。

結咲としては、自分の想いを手紙に書いて告白しようと決意していたのだ。

結咲は「・・・お姉ちゃん。これお兄ちゃんに渡して?中は見ないでね」と言って隆斗の姉の茉耶にその手紙を手渡した。

茉耶は言った、「結咲ちゃん?なぁに?これ・・・手紙?自分で渡せばいいのに。その方が隆斗も喜ぶわよ」と。

結咲は「・・・・いいの。お姉ちゃんから渡して」

小学生の結咲としては、直接告白する勇気がなく手紙を書くのが精一杯だった・・・それから9年が経って現在となった。

結咲の部屋で結咲が過ごしているシーンである。


≪無料立ち読みはこちら!≫


結咲「んっ・・ふぅ・・ん・・・」・・・「ちゅぷ・・ちゅっ・・・・」というような喘ぐ声が聞こえていた。

すなわち、彼女の部屋には結咲と彼氏である瑞貴(みずき)という二人の舌が絡み合う音が響いているのだ。

結咲「んんっ・・・」

そして、ドサッ・・・という音がして、瑞貴は優しくそして激しいようにその場に結咲を押し倒し、脚から結咲の大事な部分へと手を伸ばしていったのだ。

結咲は喘ぐように言った「あ・・・待っ・・・瑞貴・・・くん・・・・これ以上は・・・・」

瑞貴は「・・・・だよなぁ」と言ったが、結咲は「・・・・ごめんね」と答えていた。

瑞貴は「大丈夫だよ。気にしないようにして」と言った・・・。

瑞貴は隆斗が居なくなった1年後に、隣に引っ越してきた幼馴染なのだ。


≪無料立ち読みはこちら!≫


最近やっと瑞貴の片想いが成就して、結咲と付き合うようになっていた。

瑞貴は「結咲がその気になるまで待つ自信は十分にもっているよ。もともと忘れられない奴がいるって知ってて告白したのはオレだからな・・・」と言った。

結咲は「瑞貴くん・・・・」と答えるように言った。

結咲ももちろん瑞貴のことを大事には想ってはいるのだが・・・。

ストーリーとしてはまだまだ続くものである。

ここにおいて、彼らの会話の一部を紹介しておこう。

「瑞貴くん男ですね~~~~~、かっこいいですっ」

「結咲ちゃんのこと大好きなんだな~って伝わりますね!」

「結咲ちゃんだって早く前を向きたいって思っているはずだし!」・・・。

などなどが見られますが、楽しい恋物語の続きは本編で知っていただくことにしよう。


≪無料立ち読みはこちら!≫


サブコンテンツ

このページの先頭へ